webサイト制作のリーダー

webディレクターはwebサイトを作成する時に全体を纏める役割をする人の事をいいます。多角的に状況を見て把握し他の分野の人達にも指示を出さないといけないので柔軟性が求められる仕事といえます。ですが、そんな仕事内容に魅力を感じてwebディレクターを目指す人も多いです。そこでwebディレクターを目指す人に多い疑問をまとめてみました。

憧れの職業webディレクターを目指す人に多い疑問をまとめてみた!

webディレクターを目指したいのですが、どんな人が向いていますか?

物事を冷静に判断して客観的にみれる人がwebディレクターに向いています。その他にも、webディレクターは企画を立ち上げたら、そのプロジェクトの為に各制作スタッフに指示を出していく必要があるので、色んな人を纏め管理する能力がある人もこの職種に向いています。

webディレクターに必要なスキルはありますか?

まずはコミュニケーション能力がとても大事です。色んな人とたくさん関わる機会の多い職種なのでこの能力はとても大切なスキルです。他にもマーケティングスキルやスケジュールや予算を管理する能力も必要になってきます。

webディレクターを求める会社に就職したい!

タブレット

様々な知識を身につけwebディレクターの求人を出している職場を探す場合、普通の求人サイトでは職種を探しづらいと感じている人も多いと思います。そんな人はwebディレクターやwebに関連する求人だけを取り扱う専門サイトで探すのがおすすめです。専門サイトなので、より自分に合う会社を見つけやすいです。

転職する時のポイント

履歴書

今働いている会社から他の会社に移る人は、次の会社選びをする際にいくつかポイントがあります。それを知っておくと、次の転職先で自分に合ったやりたい仕事をする事ができます。まず転職先の会社の募集要項や企業のコンセプトを見て、自分が得意な分野を任せられる、自分がその会社にとって必要な人材かを確認しておく事が大切です。

技術も時には大切

コーディング

webディレクターは、クライアントと話し合い各分野の人に指示を出す以外にも、各分野の基本的な知識や操作を行える必要があります。webデザイナーは、自分の作ったデザインに全て意味を込めて制作しています。なので、webディレクターもその意図を感じ取り、理解する必要があります。webディレクターはクライアントの商品のディスプレイ広告に等に使うキャチコピーを作成する仕事が多いです。商品を宣伝する場合は、その商品が魅力的に感じるような文章を短く纏めるスキルや説得力のある言葉を選ぶ事ができる能力も必要になってきます。

事業会社と制作会社の違い

JOB

webディレクターを募集している会社には大きく分けて二つあります。一つは事業会社で、もう一つは制作会社です。事業会社は主に企業規模が大きい所が多く、業務も分業制を行っている所が多いです。一つの分野に深く関わる事が多いので、任された分野スキルの経験をたくさん積む事ができます。残業の管理や休日制度がしっかりしている所が多いです。また、比較的研修もきちんと行ってくれます。一方制作会社は、クライアントからの依頼を元にスケジュールを組んで仕事をするので、休みが不定期になりやすいです。ですが色んな分野の仕事を担当する事が多いので、色んな分野の経験を積む事ができます。

秘書の正社員求人がサクサク探せる♪

タクシードライバーの求人に応募するなら待遇面を調べよう!

大阪で貿易事務をしたいなら利用すべきサイト★

広告募集中